HOME ≫   ④ディープティシューテクニックス

ディープティシューテクニックス 全24時間(Ⅰ:12時間・Ⅱ:12時間)

【 講座説明 】

東京リメディアルセラピーアカデミー ディープティシューマッサージ

ディープティシューテクニックは、筋肉に対してゆっくりとしたストロークと深いプレッシャーを使いリリースする手法で、クライアントに対しても嫌な痛みがなく、かつ深い部分をリリースすることができる技法です。施術者は肘・前腕・拳・指などを使うことで、身体に負担なく無理なく圧をかけることができます。慢性的な筋肉緊張や、筋肉深部にある痛みや不快感の原因を取り除くことができ、またスポーツ後の筋肉組織の回復・修正、リンパ液・血液循環促進にも有効です。
 
筋肉に対して様々な方法でアプローチすることによって、筋組織を弛緩し復元させることができ、また、筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げる効果も期待できるため、スポーツ後のコンディショニングやケガ予防としても大変人気があるトリートメントです。



※本科目を単科で受講される方には、講座修了時にTRTA修了証を発行いたします(無料)。
※豪州オイルマッサージ国家資格(Certificate Ⅳ in Massage Therapy)コースへ進級させる際には、受講料および履修時間を減免いたします。
※希望者は豪州政府認定教育機関Massage Schools of Queenslandの単科修了証(Statement of Attainment)を取得可能です(有料)。
 

【 講座概要 】

【 ディープティシューテクニックスⅠ - 12時間 】
●ディープティシューマッサージについて
●ディープティシューテクニックス
 -各テクニックとその目的
●ディープティシュートリートメントを効果的に実践するため
●ディープティシュートリートメントにおける禁忌・注意事項
●正しい施術姿勢について
●主要筋の起始・停止
●ディープティシューテクニックス実技Ⅰ
 ~ディープティシューテクニックス基本技術~  
 - 背中のトリートメント  
 - 臀部のトリートメント  
 - 脚背面のトリートメント  
 - 脚前面のトリートメント

【 ディープティシューテクニックスⅡ - 12時間 】
●バイオメカニクス(日常動作・スポーツ)

●協働する筋肉群 
●筋収縮の種類
●軟部組織の傷害
●各傷害の発生機序と治癒過程
●臨床における4つのフェーズと注意事項
●ケーススタディーのディスカッションと施術の組み立て・実践
●ディープティシューテクニックス実技Ⅱ  
 ~ディープティシューテクニックスを用いた症状別アプローチ~  
 - 頚部の不具合に対するアプローチ 
 - 肩周辺の不具合に対するアプローチ
 - 腰周辺の不具合に対するアプローチ
 - 腕部の不具合に対するアプローチ



 》豪州国家資格コースの特長  》入学をご検討の方へ  》受講生インタビュー


【 講習スケジュール 】

●ディープティシューⅠ・Ⅱ(24時間/4日間)
《募集中のスケジュール》
 土曜クラス:2018年8/4(土)・8/18(土)・8/25(土)・9/1(土)
 
●ディープティシューテクニックスⅠ( 12時間 / 全2日間 ) 
《募集中のスケジュール》
 2018年
 ◆ 5/26(土)・5/27(日) 
 ◆ 7/3(火)・7/10(火)
 ◆ 7/9(月)・7/10(火)
 ◆ 8/4(土)・8/5(日)
 ◆ 8/22(水)・9/5(水)
 ◆ 10/1(月)・10/2(火)
 
 《 開催時間 》
   10:00~17:00(ランチタイム13:00~14:00


●ディープティシューテクニックスⅡ( 12時間 / 全2日間) 
《募集中のスケジュール》
 
2018年
 ◆ 8/25(土)・9/1(土)
 2019年
 ◆ 2/10(日)・2/11(月)

 《 開催時間 》
   10:00~17:00(ランチタイム13:00~14:00

  ※以降のスケジュールはお問合せください。

【 単科受講料 】

●ディープティシューテクニックスⅠ・Ⅱ(24時間)
 150,000円(税別)


●ディープティシューテクニックスⅠ(12時間)
 80,000円(税別)

●ディープティシューテクニックスⅡ(12時間)
 80,000円(税別)



》受講生インタビュー  》豪州国家資格・カリキュラムの魅力  》説明会予約・資料請求