HOME

オーストラリアの文化/教育の魅力・TRTAの教育方針
TRTA代表:渡辺万里子

TRTAオーストラリアオイルマッサージ資格コース
私共は、オーストラリアのマッサージセラピーとその教育カリキュラムの素晴らしさに魅せられ、日本国内(日本語)でオーストラリアのオイルマッサージ国家資格カリキュラムを受けられるシステムの構築を長年夢見てきました。 そして2015年、歴史ある豪州政府認定教育機関MSQ(Massage Schools of Queensland) との提携で、豪州オイルマッサージ国家資格(Certificate Ⅳ in Massage Therapy)コース日本国内開催を実現させることができました(日本初、国内唯一)。

~ オーストラリアの文化・教育の魅力 ~

日本と反対側にあるオーストラリアは、人口密度も文化も、日本と真逆といってもいいくらいの国です。多様な文化や価値観を持つ人々が共存し独自の文化が創り上げられてきた国で、教育にもそれが反映されています。また、自然療法の普及が進んでおり、老若男女にマッサージセラピー(オイルマッサージ)が日常的に利用されています。

●オーストラリアの教育で感銘を受けた話:
友人の子供が非常に独創的な絵を書いて学校に提出しました(親が心配するほど、ハチャメチャな絵)。しかし、その絵に対して先生が残したコメントが「WELL DONE!=よくできました」だったのです。日本の場合、型にはめてしまいがちであるがゆえ、模範から外れたものに対して「よくできました」とはおおよそ言わないでしょう。 「個性を尊重する」「答えは一つではない」という価値観が根底にあるからこそ、オーストラリアではこういった素敵な教育ができるのだと心から感銘をうけました。

●自分軸の確立と多様性を育む教育:
マッサージスクールの授業では、「●●について、自分の考えを述べよ」という小論文課題や、2~6名のグループでディスカッションをする時間もありました。 こういったワークを通じて「自分の考えを纏めること」「異なる考え方に触れることで視野が広がる」「異なる意見をすり合わせてベストな方法を導き出すこと」などが鍛えられました。セラピストとしての自分軸をつくる良い訓練だったと思います。 そんな、個性を尊重し多様性を育む教育スタイルに共鳴いたしました。


~ TRTAの教育方針 ~

学びを通じて、“オイルマッサージをすることが楽しくなる”“プロフェッショナルとしての自信 / 軸が構築される”、そんな教育を心がけております。
0000509264.jpg

●個性を尊重
少人数クラスで一人ひとり合ったやり方を提案 / 指導を致します。例えば、手の大きさ・体格・関節の可動域などの身体的な違いや、セラピスト経験・人生経験の違い、そういった多様性を尊重し受講生の強みを伸ばすことを心がけています。

●視野を広げる
視野が広がり・応用力がつくような指導/コミュニケ―ションを心がけています。“こうでなければけない”、“こうあるべき”、といったように、画一的・限定的で視野を狭めるような指導をせず、多角的な視点で考えられるよう指導いたします。




》受講生インタビュー  》豪州国家資格コースの特長  》説明会予約・資料請求