HOME

オイルマッサージを行う資格の種類


アメリカ・オーストラリア・欧米諸国など自然療法の資格制度がある国のスタンダードでは、オイルマッサージを行う資格は3種に大別されます(各資格で専門分野が異なります)。

全資格で共通して学ぶことは、基礎解剖とリラクゼーションマッサージ(ルーティーン=クライアントの状態に関わらず決まった手技/流れで行う施術)です。



0000515289.jpg

1:アロマセラピー = 芳香療法にフォーカスした資格
クライアント毎に精油(エッセンシャルオイル)を使い分けるための知識やスキル(プロダクトメイキング等)を身に付ける資格です。この資格コースで学ぶマッサージ技術は、精油の浸透を促すことを目的としたソフトタッチのリラクゼーションマッサージです。

2:マッサージセラピー = 手技療法にフォーカスした資格
クライアント毎に様々な手技療法を使い分けるためのスキル(姿勢評価・筋機能評価などの専門知識と多種の技術)を身に付ける資格です。この資格コースで学ぶマッサージ技術は、リラクゼーションマッサージ/スウェディッシュマッサージに加えて、ディープティシュ―テクニック・リフレクソロジー・筋膜リリース・神経筋テクニック・モビリゼーション・リンパティックドレナージュなど様々です。

3:ビューティーセラピー(エステ)= 表面を美しく整えることにフォーカスした資格
スキンケア・ネイル・メイクなど表面の美しく整えるための知識やスキル(フェイシャルトリートメント等)を身に付ける資格です。この資格コースで学ぶオイルマッサージ技術は、リラクゼーションや循環を促すことを目的とした技術です。



※上記3分野を組み合わせた資格も存在します。一つの分野を深く学ぶ資格、様々な分野を広く学ぶ資格、など様々です。

※オーストラリアの例》CertificateⅣ(専門学校卒業レベル)、Diploma(短大卒業レベル)、Bachelor(4年生大学卒業レベル)

※学習内容・時間(期間)・難易度に応じた資格名がついています。

※マッサージセラピーの上位資格には、カイロプラクティックやオステオパシーなどがあります(欧米ではカイロプラクティックやオステオパシーの国家資格取得には4000時間以上の認定講習を要します)。

※オーストラリアの資格制度( Wikipedia→Australian Qualifications Framework )参照


》TRTAの豪州オイルマッサージ国家資格コースの特長  》お問合せ